2014年12月16日

伸びる

2014_12_16_1.jpg九条ネギなど青い部分を食べるのになれてる関西人、私だけかもしれませんが、どうも白ネギの青い部分を捨てるのがもったいなくて、食べれそうな、青い部分はいっしょに煮ていただきます。
それでも捨てる部分が多いので、なんとなくもったいない気がします。
先日、保存方法を読んでいたら土付きネギの根を3〜4センチにカットして土の中に埋めておくと薬味用のネギが伸びてきますとのこと。青ネギなら、なんとなく想像がつくのですが、白くて太いネギの切り口からどんなふうに伸びてくるのだろうと、試しに水栽培してみたら、なんと真ん中から青い芽が伸びてきました。



2014_12_16_2.jpg
家族に、得意げに話したら、「そんなん、あたりまえや」と母に言われてしまいました。
考えてみれば、横から枝が伸びて、芽が吹き出す訳もないですね。

1週間ほどで写真のような感じです。湯豆腐の薬味ぐらいにはいただけるかな。寒い冬のキッチンに、緑の芽の彩りは何とも楽しみな光景です。
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。