2012年01月01日

あけましておめでとうございます!

年賀状

新年、明けましておめでとうございます。

大晦日もばたばたと、おせちの用意と年越しそばを作っているうちに、年が明けてしまいました。
夜型人間なので、0時を過ぎたといっても、いつもと変わらない宵のうち。

子供のころ、夜の12時になるまで、頑張って起きていたことがなつかしいです。
去年の大震災から、心の重さをひきずったまま時間だけが過ぎ、年を越してしまいましたが、
今年は、明るい年にしたいです。年賀状、久しぶりにスケッチブックにむかって頑張って描きましたよ。

力が入りすぎて、ドラゴンの炎がおかしくなってしまいましたが、絵の中のお話は、いつも楽しいはーとの森の仲間たちです。

今年もよろしくお願いいたします。
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

クリスマスツリー

クリスマスツリーウェスティン都ホテル京都のクリスマスツリーです。
今年もみることができました。







ランチデザートランチコース最後の
お楽しみデザート
おなかいっぱいで別腹の引き出しを開けました。





虹虹を見ました。
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

梅田スカイビル&ドイツクリスマスマーケット大阪2011

新梅田シティのクリスマスツリーのイルミネーション新梅田シティのクリスマスのイルミネーション。
梅田スカイビルの真下には世界最大級のクリスマスツリーがあるという新聞の記事を見て行きたいなと思っていたら友達から電話。

大阪に用事があるというので付き合う代わりに、無理を行って用事のあと梅田スカイビルまで付き合ってもらうことに。


新梅田シティではドイツのクリスマスマーケットを再現した屋台も立ち並んでいるとか。

楽しみ、だけど新梅田シティがどの方角にあるのかわからない、頼りにしていた友達も知らないというし、道を尋ねながら、ずいぶん遠回りして、やっと到着。




お菓子のおうちドイツのクリスマスマーケットを再現した屋台会場周辺は、すでにたくさんの人でにぎやか。
クリスマスにちなんだ民芸品のお店やおいしそうなドイツ料理やビール、ワインなどのお店がたくさん。

だけど外で食べるのは寒そうで値段も高そう。
大きなクリスマスツリーも確認。でもまだ明るくて、点灯時間までは少し時間がありそう。


新梅田シティのクリスマスツリーのイルミネーションスカイビルのカフェで点灯までおしゃべり。
良い具合に日も暮れて、外に出たら、うっとりのイルミネーションの世界でした。
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

苔玉の教室

シクラメンの苔玉以前から一度、作ってみたかった苔だま。ちょうど良い1日教室をみつけたので申し込みました。

クリスマス前なので、今回の素材はシクラメン。
若い人たちに混じって、習うのは気がひけますが、勇気を出して挑戦。
欲張って、花のいっぱい付いたシクラメンの株を選んだから、苔玉がメインかシクラメンかわからなくなってしまいましたが、何とか無事、出来上がりました。

ギフト用のラッピングをして、お持ち帰りです。
1時間という短い時間のなかで、本当に即席の講習でしたが十分満足、楽しめました。
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

やさしい気持ちの詰め合わせ

羊毛作品叔母に頼まれて去年から、この季節はバザーの作品作り。
今年は、羊毛の作品展のワークショップで教えてもらった、クッキーの型を使って作るストラップをヒントに、クリスマスのオーナメント作りに挑戦。

雪だるまさんやうさぎさんの顔に目をつけてはにっこり、ボタンをつけてはにっこり、洋服はどんなリボンを使おうかなど、ひとつ、ひとつの作品がだんだんカラフルになっていくたびに、気持ちもやさしくなっていきます。

ものを作り出す作業をしている時の自分が好きです。
たまにですが、自分でも感心するくらいの才能を発揮したと思えるときがあるのです(^^)
こういうのを自己満足っていうそうですが。
でも気持ちはとってもあたたかになります。
posted by naochan at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

ボローニャ国際絵本展2011

ボローニャ国際絵本展2011今年も、『ボローニャ国際絵本展2011』を見に西宮市大谷記念美術館に行ってきました。

日本人のイメージするかぐや姫も、外国の作家さんがイメージするとこんな感じになるのかなと、奇抜で新鮮な感じに共感したり、世界各国の個性的なたくさんの作品に出会えて、今年も目を楽しませてもらいました。でも、やっぱり日本の人がたくさん入選していると、うれしくなります。




帰りに、新しくなったJR大阪駅付近を友達に案内してもらいました。
JR大阪駅付近
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

カピパラさんに会いました

海遊館急に水族館に行きたくなって遠出をしました。
なぜ水族館にというと、NHKの朝イチという番組で、水族館で魚をうまく写真にとる方法というのをやってたのを見て、本当にうまくとれるか試してみたくなったからです。




カメ私と同じように、テレビを見てきた人もいるらしく、同じように写真をとってられる人がいました。
上手く写真をとる方法というのは、魚の動きに合わせてカメラを動かしながらシャッターを切るというものです。なかなか、これがやってみると難しい。でも迫力のあるカメさんの写真が撮れましたよ。


カピパラさん水族館なのに動物もいます。初めて、カピパラさんに会いました。水辺で暮らしています。
お食事の時間だったので餌をもらうところもみれました。
かわいいです。ぬいぐるみでしか見たことなかったので感激です。

カピパラさんに会ってわかったこと

●カピパラさんは青梗菜が好きです。
●水の中から息がしやすいように鼻の穴は上向きです。
●鋭い歯が2本、伸び続けるので木や岩で削って調節します。
●泳ぎやすいように前あしと後あしの指の間に水かきがあります。
●ねずみの仲間ですがしっぽはありません。

みていて飽きない水族館での世界一周でしたが、結構 歩いたのか お疲れさんで帰ってきました。
posted by naochan at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

魔法のはさみ

魔法のはさみ」今森光彦の切り紙美術館「魔法のはさみ」という言葉にひかれ、美術館「えき」での展覧会、−今森光彦の切り紙美術館−に行ってきました。自然写真家の今森氏のもう一つの顔が切り紙です。
以前にNHKの番組で今森さんの昆虫の切り紙を見たことがあって、今回は身近に見られるとあって楽しみに行ってきました。すごく細かいところまで、はさみ一本で、表現されていることに驚きや発見がありました。写真家ということを知らなくて、友達と細かなところは、図鑑か写真で観察されるのかなって、話しながらみていたら最後に里山の写真家としても有名だということを知り、しかも、今、NHKで「中高年の一眼レフのデジカメのとり方」を教えられている先生と一致。私も、毎週この番組は楽しみに、カメラの撮り方の参考にしているので、ちょっと嬉しくなりました。

展覧会場の前で流されている紹介ビデオで、カッターナイフは下を向いて切るので人の顔が見えないが、はさみは人と向き合って、話しながらでも、目の高さで、机がなくてもどこででも切ることができる、そこが良いみたいなことをおっしゃってられたのが心に残りました。なるほどなあ、はさみのぬくもりをあらためて教えてもらった気がしました。「魔法のはさみ」になるように私もチャレンジしてみたいなと思いました。
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

大文字の送り火

大文字の送り火大文字の送り火、今年も北大路橋の河原からそっと、主人と子供の霊をみおくってきました。
涙が流れて、悲しくて、悲しくてしかたがなかった日から、何年の年月が流れたでしょう。
今は、静かに手を合わせて、また来年ね、と思える日々です。

今、悲しい思いをしているたくさんの方々、いつか悲しみが和らぎ、癒えることを心から祈ります。
今年も大文字の灯りは、きれいでしたよ。
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

京の七夕

京の七夕 鴨川会場

鴨川右岸、御池から四条にかけて、「京の七夕」というイベントです。
夕涼みをかねて、出かけてみました。
東日本大震災の復興を願って、会場ではいろいろな催しが。

川辺にそって立てられた笹には、願いを書きこんだ短冊やLEDライトがつけられて、まるで、クリスマスのイルミネーションのようにきれい。ステージでは仙台からの七夕飾りや京友禅の反物が飾られて、目をひく美しさでした。
LEDライトがつけられた七夕飾り 仙台の七夕飾り 京友禅

そのほかにも京都らしく竹で編んだかごの中に灯りと風鈴がはいっていて風が吹くたびにきれいな音色で楽しませてくれる風鈴灯があったり。家族ずれやカップルの人たちが、暑さを忘れて、川辺に座ったり、思い思いにカメラを構えて、楽しいひと時を過ごしてられました。風鈴灯

posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

お墓参り

黒谷お盆が近ずいてきました。
主人の実家のお墓参り、ネットで調べたら、ちょうど出かけるのに良いような日にちの列車の指定席はもうありませんでした。
交通公社に行けば、何か他の列車があったかもしれないのですが、暑さのせいと、許してもらうことに。

今日は、叔母と待ち合わせて、母の代理で母方のお墓まいりに出かけました。
暑さを覚悟して、重装備で出かけたけれど、心がけが良かったのか、めずらしく雲がひろがって、日差しも幾分、ゆるいでいました。


フェルメールからのラブレター

帰りにホテルでランチをごちそうになりました。
コースのデザートにひかれて、先日、観に行った「フェルメールからのラブレター展」開催記念スペシャルランチをいただくことに。
ラブレターをイメージしたデザート、封筒はチョコレート、中身は秘密です。
こんなに分厚いラブレター、もらったらきっと嬉しいでしょうね。
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

びわ湖大花火大会2011

琵琶湖汽船

初めてびわ湖の花火を見に行きました。
ずーっと行きたいと思っていたのですが、帰りの混雑が心配でなかなか決心がつかなかったのです。

今年は「がんばろう!日本」という花火大会のキャッチフレーズに私も元気をもらいたくて頑張って出かけてみました。
少し早目、混みだす前にJRで大津駅まで行き、運よく当日の有料観覧席がまだあったので、少し贅沢をして買うことにしました。

2011_8_08.jpg5時ごろ会場について琵琶湖の景色を満喫。日差しはまだきつかったけれど、風があってやっぱり湖畔は気持ちがいいです。有料観覧席は指定席なので、時間までそのあたりをぶらぶら。琵琶湖汽船のターミナル近くだったので、クーラーのきいた待合所の建物の中で涼ませてもらいました。夕暮れとともに、ミシガンやビアンカが出港していきます。花火の時間を今か今かと待っていると、だんだん人も増えて、きちんと整列された椅子が人で埋まっていきました。

今日は花火の写真はお休みです。
目に焼き付けて帰ろうとカメラを持たずに来たので、携帯のカメラしかなくて残念。

花火は本当にきれいであっという間の1時間。みんな、花火が上がるたびに拍手や歓喜の声。
迫力もすごくて感動しました。

「次はフィナーレの花火です」のアナウンスに、席を立ち入口にのほうに移動しながら、花火を見て
混雑にならない先に駅に向かいました。
何とか、ホームについてすぐに到着した京都、大阪方面行きの電車に詰め込んでもらい、思っていたより早くに家に帰れました
posted by naochan at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展

島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展

伊勢丹の美術館えきで開かれている、「島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展」を見に行ってきました。
島田ゆかさんのバムとケロシリーズの絵本は私の大のお気に入り。
キャラクターがとってもかわいくて絵が丁寧で色使いも最高に好き。
ページを隅々まで眺めると、宝探しのようにいろんな発見があるのです。

ユリアさんのほうは、美術館えきに来るのは、2回目かな。
ちょっと変わった魅力たっぷりなぶたさんのおしゃれな生活。
ユーモアたっぷりなイラストはみていて飽きないです。

絵本に対する思いや制作風景のインタビューの映像とかがみられて、勉強になりました。島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

フェルメールからのラブレター展

フェルメールからのラブレター展

フェルメールからのラブレター展友達と暑い日の節電になるねと言いながら、京都市美術館で開かれている「フェルメールからのラブレター展」へ出かけました。
同じ考えの人も多いのか、涼しい展覧会場の中は結構たくさんの人で混んでいました。
今回展示されているフェルメールの作品は3点、修復後、世界初公開という作品もあって話題になっています。
休憩所には、デジタル映像でわかりやすく解説されているコーナーもあり、疲れたら一休みするのにちょうどよいです。

posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

母とバラ

植物園のバラ今日も気持ちの良いお天気。
母もその気になったので、植物園のバラ園に行きました。
車いすでの植物園は、初めての挑戦です。
今年のバラもちょうど見頃、きれいに咲いていました。

ここからみる比叡山の眺めが好きです。

2011_5_24_01.jpg

ムーミン谷のお話に出てくるニョロニョロににているなあ。
いつもそんなふうに思ってしまう風変わり花、今にも歩きだしそう。
難しい名前がついていて、「エキウム・ウィルドプレッティ」っというそうです。

posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

ポピーの咲く丘

万博公園のポピーフェアー

万博公園のポピーフェア。去年の秋、一面のコスモス畑だったところが、季節が変わってポピーの花咲く丘になりました。空は曇り空でしたが、元気をもらえるビタミンカラーでエネルギー補給。



チューリップフェスタチューリップフェスタも開催で、いろんな種類のチューリップがいっぱい。花の終わりかけもありましたがカラフルな花景色です。








万博公園、太陽の塔の隣にこいのぼりが泳ぎました。
風向きがうまくいかなくて太陽の塔とのツーショットはあきらめましたが、今日は楽しい写真が沢山とれました。

こいのぼり
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

母と桜

岡崎公園のしだれ桜です。
今日はお天気も良く母も調子がよさそうなので、タクシーに車いすを乗せてもらって、みんなでお花見に。
もう、桜もそろそろ終わり。
タクシーの運転手さんが、まだ、桜のきれいな道をえらんで、ミニドライブです。運転手さんのお薦めの岡崎公園のしだれ桜の前でおろしてもらいました。
疎水べりを歩いて蹴上まで。平気な顔をして車いすを押していましたが、ちょっと上り坂がきつかったです。でも、母が外に出る気分になって、良かったです。母の眼に桜吹雪の風はとどいたかな。

岡崎公園のしだれ桜
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

嵐山の桜

2011_4_14_02.jpg

桜の季節を迎えた嵐山、こちらも例年より人は少なめとのこと。
時間もあまりなかったので、渡月橋あたりからタクシーで大河内山荘へ。
帰りは亀山公園をぬけて、散策コースで。
嵐山 嵐山

お天気は良かったけれど、霞がかかってぼんやりです。
おなじみの景色ですが、今年の桜報告です。

桜と月

帰り道、青い空に桜と白いお月さまをみることができました。
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

都をどり

東日本大震災の影響で京都の観光も人がかなり減っているようです。桜の季節で普段なら観光客や外人さんで賑わうところの人出も落ち込んでいるようです。

きれいな桜の季節もあとわずか、こられる人は、みなさん、京都にきて、ほっこりしてほしいです。
都をどりも例年なら、当日券などなかなか手に入らないのですが、今年は平日なら空席があるとのことで祇園歌舞練場に行ってみたら、お茶席付きのチケットをとることができました。

会場では、舞妓さんが、義援金をあつめてられました。「都をどり」の舞台となる祇園甲部歌舞練場の、庭にも今が見ごろのしだれ桜があって、古い建物とマッチして美しかったです。


祇園甲部歌舞練場


庭からの眺め



芸舞妓さん達の「都をどりは、ヨーイヤサー」の掛け声をきき、元気をもらって帰ってきました。

写真は、お茶席の、春のお菓子と御抹茶、お持ち帰りOKのお皿
お茶席
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

ホームベーカリー

焼き立てパン京都のコンビニでも、震災の影響で品薄の商品があります。
それに影響されたわけではありませんが、ホームベーカリーを買いました。
こんなに、おいしいパンが簡単に家で焼けるのなら、もっと早くに買えばよかったと思うくらい初心者でもうまくできてうれしいです。

早起きは苦手だけれど、夜は遅くまで起きているので、節電にはなりませんが、家族の喜ぶ顔も見たいので、当分、夜中はパン屋さん兼用です。材料を計っていると、なんかパン職人になった気分。

焼き立てパンの香りと試食は、作った人の特権、またもや、太りますがパンの端っこをかじって元気のエネルギー補給です。
posted by naochan at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする